KBTのブログ

茨城暮らしKBTの日常を書いてます。

東京都庁&映画「ブラ!ブラ!ブラ!」

今日は夜勤明け後に少し寝た後、正午ころから珍しく新宿にGO! 都庁の食堂のメシを食べよう&ミニシアターで映画鑑賞の予定。
f:id:tsunaga6022:20200121190614j:plain
都庁に行くならいつもの牛久駅ではなく、乗り換え1回でしかも速いみらい平駅からTX。大変珍しく車内広告全くなしの電車に乗車。中吊りも無し。新車でもないのに何ででしょうね。広告入れないと、台座はこんな感じになっているのね。

新御徒町駅大江戸線に乗り換え、都庁前駅着。東京都庁と直結。さっそく32階の社食へ。おお〜なんとも多数のメニュー&広々。13時10分で空いている時間でしょうが空席は充分。名物の都庁弁当が目当てでしたがうーん前の人がラスト! 仕方なく食券払い戻し、洋定食を購入。
f:id:tsunaga6022:20200121191642j:plain
チキン南蛮風(ケチャップで味付け)定食。見た目よりボリュームあり、ご飯は残しそうになりました。味はなかなか。690円ナリ。
f:id:tsunaga6022:20200121191952j:plain
西口ビル群の展望抜群★目の前の京王プラザホテルに個性的なモード学園コクーンタワー、これまた面白い形の損保ジャパンビルなどなど。夜景もきれいなはずで、ランチのみ営業が残念です。45階の展望室では高めのレストランありです。

てくてく歩いて新宿3丁目のK'S Cinemaというミニシアターへ。現在のところ全国ここだけで公開の「ブラ!ブラ!ブラ! 胸いっぱいの愛を」を鑑賞。
f:id:tsunaga6022:20200121192529j:plain
たまたまラジオ番組でこの映画のあらすじを聞いて見たい!となりました。女性と様々なデザインの6枚のブラジャーがポスターになっていますが、実は鉄道運転士の物語なんです。定年の日の最終運行で機関車に引っ掛かった1枚の洗濯物のブラジャー、気になって持ち主を探しに行く〜女性たちはわざわざ上半身裸になって試着してぜんぜん合わず「私のではない!」と示す…現実にはありえない、おとなのコメディ&ファンタジー。なかなか持ち主は見つからないけど最後は意外な結末。セリフ皆無でも楽しめました。

舞台が旧ソ連アゼルバイジャン共和国ジョージア(グルジア共和国)、知られざる鉄道の旧式なシステム、こういうのを知れるのもいい。大満足でした。人の多い新宿でも平日昼間では鑑賞者7〜8人、予想に反して女性が多かった。
http://www.curiouscope.jp/thebra/

鑑賞後、カメラ用品でも買い物の予定、夜勤後でもう眠くて直帰でした。

COOLPIX P510再活用

買い替えようか?と検討しつつ先日のスキー旅行に持参したCanonのコンパクトデジカメ IXY190、セルフショット中に雪の上に落としてお釈迦に…。さすがに防水性と対ショック性ほとんどない。以後はスマホのカメラで撮っていました。
f:id:tsunaga6022:20200119213129j:plain
帰宅して、新たなコンデジ買うのもいいけど古いデジカメを再活用もいいかなと引っ張り出してみました。Canon PowerShot S3 ISとNikon COOLPIX P510。鉄道写真をバリバリ撮っていたカメラ。
f:id:tsunaga6022:20200119213644j:plain
P510で583系団体列車きずな号。(所属団体で貸し切り、乗車)2014年10月。

スキーに持っていくにはやはりできるだけ小型で軽量がいい!で単3電池4本使用で重いPowerShotは外し、555gのCOOLPIX P510を再活用。IXY190の約4倍の重さながら、スキーの技量アップしていることだしなんとかなるでしょう。
ところが、充電できない! 2年くらい全く使ってなく完全放電で充電の際に保護回路も働いているってことか。夜勤明け後に一日うちにいてヒマな土曜日にコンセント入〜切を200回くらい繰り返し、5時間くらいかけて充電できるように。完全復活♪まあ、予備のバッテリーをいずれ購入します。

充電できるようになってから4時間半でフル充電(カタログ値通り)。ようやく試しに撮影。
f:id:tsunaga6022:20200119214738j:plain
夜景モードで。一眼とはちょっと違う感じに撮れますが、こういうのもいい。数回自動シャッターで合成しているんです。7〜8年前のカメラでさすがにWifi非対応が不便。スマホからマイクロSDカードを(電源オフにして)その都度抜き取り、カメラから取り出した別のマイクロSDカードを挿入の手間が必要です。まあWifi対応デジカメが普及する数年前まではずっとこのような手順でしたが。

今日は団体活動でクルマで日立市内へ。帰路に飯食いに、いつものひたちなか市那珂湊駅前の日の出食堂へ。道路が渋滞していた関係で集合時間ちょっと遅れで現地着、そのため昼食抜きで大空腹、たっぷりカツ丼。
f:id:tsunaga6022:20200119215053j:plain
スマホより少しきれいに撮れる♪奥のボケも遠近感あっていい。店主と長話で引き留められました。夏にボランティアしたアートフェスMMMの話も出ました。
f:id:tsunaga6022:20200119215147j:plain
那珂湊駅のイルミネーション。色合いが肉眼的。電球を吊るせる高い搭か木がよくこんな所にあるなあ〜鉄道無線に使うアンテナ。

さて、こんどのスキーでどのように撮れるか、楽しみ。光学42倍ズームはまず使いそうもないけど。雪山の風景など、むしろ超広角が欲しいものです。

草津温泉スキー場 2日目

昨日16日も草津温泉スキー場で一日滑走♪
f:id:tsunaga6022:20200117124654j:plain
泊まった宿、田島屋旅館。道路側は土産物店で裏がフロント・入り口ですが、風格あって老舗なんですね。部屋はとても簡素で昔は長期湯治客用だったみたい。
f:id:tsunaga6022:20200117124940j:plain
素泊まりなのでバスターミナル3階の喫茶店「バーン・ホッフ」でモーニングセット。観光地は高いの常識を覆す500円♪
f:id:tsunaga6022:20200117125152j:plain
2階(バス乗り場)にたたずむ草軽交通の機関車のミニチュア。変わったパンタグラフ! なおバスターミナルにはJRみどりの窓口があり、全国のすべての列車の指定券買えるなど鉄道駅のみどりの窓口と同等の機能。

f:id:tsunaga6022:20200117125505j:plain
マイナス6度でガソリンが気化しずらく、エンジン始動に苦労しながらクルマでスキー場へ。リフト券に日がわりの人の名前。同じ名前だとプレゼントあるらしい。遊び心ある♪
f:id:tsunaga6022:20200117125722j:plain
スキー場にも草津温泉ゆるキャラ「ゆもみちゃん」。温泉温泉温泉♪数日前にWOWOWで見た映画「劇場版 お前はまだグンマを知らない」でもよく登場。

f:id:tsunaga6022:20200117125827j:plain
朝からビシッとスキー。斜度の緩いオフピステにはまる。
f:id:tsunaga6022:20200117130003j:plain
イエイ★R292コースで勝手にタイムアタック。ワックス塗布なし。全長3200mを6分50秒、平均28.1km/h。中国人ファミリー追い抜くなど飛ばした。国道なので最大10%(約5度)で、だれが滑ってもこのくらいでしょう。夏に自転車で走れば少し速いかな。午後にも2回トライですがいずれも7分オーバーでした。
f:id:tsunaga6022:20200117130540j:plain
ランチは手の込んだオムライスハヤシ&うさぎ形サラダ。大人数が短時間に来店で早いが勝負のスキー場では珍しい。どっちも美味しい。

午後も滑走。こんどは3滑走で休みとのんびり。オジサンには体力もたない。陸上自衛隊が訓練中、さすがに火器は持ってないでしょう。エッジがなく一枚板の簡素なスキー板(何式スキー板?)で迷彩色の重いリュック、滑りにくそう。

16:30でスキー終了。徒歩10分の西の河原露天風呂へ。草津温泉では外せないスポットですね。リフト券提示で大幅割引 。

f:id:tsunaga6022:20200117131403j:plain
約250坪の露天風呂、デカい♪ほんとゆったりつかれました。男女別ですが男風呂に中国人夫婦が入ってた。湯気であまり見えないとはいえ、大陸的!?なお週1回混浴の日があります。

この後、帰途へ。約200kmオール下道で格安! 素晴らしい上武道路があるから下道★リッター25kmくらいに達し、草津温泉茨城県牛久市を約1200円で移動できました。青春18きっぷ無い時期はこれが一番。さすがに250km超えだと一部は高速使います。

草津温泉スキー場

元旦から働いて年末・正月休みゼロでしたが、本日・明日と遅い正月休みです。まあこの時期になるとそんなのもういらない気もしますが、1泊2日でスキーやるか! で休む気になりました。

昨晩から楽しみで仕方なく、本日は3時ころ目が覚めました。しかし、往路に寄る予定の永井食堂が9時からで5時半まで寝床、その後にマイカーで出発。これでもだいぶ時間あるので佐野藤岡インターまで下道。この後は平日のため通勤ラッシュに巻き込まれるので東北道北関東道・関越道にエスケープ。群馬県渋川市の永井食堂に8:50着。
f:id:tsunaga6022:20200115194157j:plain
もつ煮定食レディースサイズ560円。消費税アップでも値段据え置き。変わらぬ味、いいね。本当来て良かった♪

この後、草津温泉近くの草津温泉スキー場へ。11時回りましたが翌日も滑れるのだし、まあ急がず。着替えてリフト券買った後、すごく楽しみにしていたR292コースへ。
f:id:tsunaga6022:20200115194551j:plain
コース名通り冬季閉鎖国道292号を滑走できるんです。さすがに極めて緩い斜度ですが、国道を滑るなんてなかなか無く愉快。制限40km(もちろん自動車用)の標識あり、スキーではがんばればオーバーするかも。ごく一部アップがあるのが夏季はれっきとした国道らしい。
f:id:tsunaga6022:20200115195001j:plain
他のコースもあれこれ滑り、13時ころにランチ休憩。1100円でパスタ・焼きたてクロワッサン・紅茶でゲレンデ飯としては安い。味もとてもよく、草津温泉スキー場にいい印象持ちました。ゲレンデ飯おいしいスキー場に行ったこと少ないので。

f:id:tsunaga6022:20200115195418j:plain
晴天になったりブリザードきたり大雪しんしん降ったり目まぐるしい天気。標高高い所の急斜面のコースは視界悪いなかよく営業している。このため夕方近くは下の緩いコースばかり滑走。超ウルトラ空いていて、視界悪い中滑っても他人にぶつかる可能性ないけど。

16時半に滑り終え、クルマ5分の今夜の宿へ。草津バスターミナル目の前にある老舗旅館。下宿のような簡素な部屋、リフト券つき素泊まり7600円とリーズナブル!館内の温泉24時間入り放題♪
f:id:tsunaga6022:20200115200025j:plain
湯畑まで散歩。夜はライトアップで良い雰囲気。雪がしんしん降り外国人ウケしそう。

朝昼とこってりしたものだったので、さすがに夕食はサラダと納豆ご飯のみ。

草津温泉スキー場は旧・草津国際スキー場。2018年に名称変更。

桃源郷芸術祭2020ほか

今日は茨城県北茨城市で開催中の桃源郷芸術祭2020へ。なんたって知り合いの芸術家2人が出展で見に行かなきゃ。公共交通の便が悪い場所ばかりながら、夕方に水戸市内で仲間と新年会、JRでGo!

牛久駅にてクレジットカードで勿来までの普通乗車券を購入、予定の電車に間に合わず、次は1時間後〜途中までの電車で行き、カメラにSDカードが無い!(PCに入れっぱなし)こともあり日立駅で途中下車〜あら、自動改札機できっぷ返ってこない、途中下車OKの121kmのきっぷなのに〜Suicaエリアだからでした。そうか、約700円の損(泣)。日立駅前のヨーカドーでSDカード買い、あらためてきっぷ購入〜もうSuicaでGO!

f:id:tsunaga6022:20200112195317j:plain
大津港駅着。土日祝日には無料の芸術祭シャトルバスが利用可能。これに乗ってARIGATEEという古民家ギャラリーへ。
f:id:tsunaga6022:20200112212438j:plain
公式ホムペのバス時刻表がとても分かりずらく、ダイヤ引きました。
f:id:tsunaga6022:20200112202157j:plain
f:id:tsunaga6022:20200112202212j:plain
芸術祭らしく、ずいぶん盛り上がっているう♪芸術家夫妻が住んで制作活動、丁寧に作品説明してもらえました。すごくアットホーム。
f:id:tsunaga6022:20200112195713j:plain
夫妻の子供たちもアート制作、薪ストーブ用の薪も作品に。こういうの燃やすの楽しそう。

地元の人がたくさんボランティア参加、100〜200円の手作り豚汁やご飯などのもてなしを受けました。語り合いながら良い昼食になった。
f:id:tsunaga6022:20200112202237j:plain

バスで大津港駅に戻り。次は別系統の無料シャトルバスへ。50分ほどあり、ヒマツブシかねて徒歩20分の戦争遺跡 風船爆弾放球地跡へ。
f:id:tsunaga6022:20200112200328j:plain
しっかりしたコンクリートの放球地。現地で水素ガスが充填され、はるか7000km〜8000km先のアメリカ本土へ飛びたったのですなあ。ここの他に福島県の勿来など計3ケ所から。米本土で子供と先生6人の犠牲者、合掌。高校生の頃に風船爆弾や戦争スパイ、登戸研究所などに関する書籍や資料にハマってました。

さて、こんどはガラス工房シリカ大津港駅から磯原駅経由で約40分。この系統のバスは利用者は私だけ。

MMM2019アーティスト折田千秋さん作品。
f:id:tsunaga6022:20200112201145j:plain
実の風景にカラフルなバーを建てた?いやすべて写真です。なんかいい感じ。MMM2019では私は実行委員として彼女の作品いいなあ〜でした。

MMM2013アーティスト小松崎彩佳さん作品。
f:id:tsunaga6022:20200112201328j:plain
ずっと茨城の海を油絵で描いている作家。ぼーと鑑賞するのがいい癒し系かな。

f:id:tsunaga6022:20200112201600j:plain
ガラス工房ながら木工も多くやっていて、このようなキノコ椅子も。とてもユニーク。

クルマなら5〜6時間で全4会場見れたところ、2会場だけで鑑賞終わり、新年会に向け水戸市へ。これも盛り上がった。ほろ酔いで帰途。

青春18きっぷ最終回 千葉県へ

12月10日〜1月10日までが使用期間の青春18きっぷ2019〜2020冬用、今季はスキーに2回行くなど相当に色々乗りまくって12050円の額面に対し3万円超える分乗り、スーパー得した♪って感じですが、よく見たらまだ1回分利用可能でした。これは日帰り旅1回するしかない★で、本日の夜勤明け後にチバる〜千葉県へGO! 夜勤の仮眠時間に3時間爆睡したので夜勤後でも目はバッチリ♪

牛久駅9:43発で出発。まずは千葉県庁。社食狙い。千葉モノレールの県庁前駅11:32着。食堂が11:30からなのでよいタイミング。
f:id:tsunaga6022:20200109210449j:plain
千葉県庁中庁舎。本庁舎にもありますが20階で面倒でこっちに。地下1階で手軽。
f:id:tsunaga6022:20200109210600j:plain
日替わり定食Aセットなんと460円★学食より安いでしょう。ご飯はMでもSでも同価格。おいしくいただきました。大食いの方にはメインのおかずが少ないかも。

県庁は実は本千葉駅にも約200mと至近。モノレールの200円もったいなかった。この後は館山市に向かうので本千葉駅から内房線に乗車。
f:id:tsunaga6022:20200109211213j:plain
東京湾の眺めいいっすね〜。爽快。IXY190ではスピード出ている電車の中から撮ると、ピントは合わず画像は止まらない。
f:id:tsunaga6022:20200109211407j:plain
館山駅14:50着。ウルトラがら空きでローカル線の感じでした。路線バスで赤山の戦争遺跡へ。
f:id:tsunaga6022:20200109211550j:plain
館山海軍航空隊 赤山地下壕跡。受付で黄色のヘルメットと懐中電灯貸してくれ、自由見学。
f:id:tsunaga6022:20200109211743j:plain
戦争末期に急きょ作ったといわれ、無計画的で高さがバラバラ、非常に不規則な横穴。発電所跡・救急病院跡・少尉クラスの居住区などが公開、興味深い。
f:id:tsunaga6022:20200109212218j:plain
しましまの地層がよく見える。砂岩質と泥質が交互。

40分ぐらいかけて見学し、バス待ち30分。その間にJRの高速バスが停まって「乗ります?」高速バスに乗って東京に行くわけではないので乗らないと伝えました。後で調べたら館山駅までは路線バス扱いで短い区間も利用可能、乗れば良かった。
f:id:tsunaga6022:20200109212832j:plain
館山駅のデッキからの風景。異国的。実は海上自衛隊館山航空隊の哨戒ヘリが訓練で飛び回り騒々しい。駅には東京(竹芝桟橋)〜館山港75分運航!の高速船の広告が目立ちました。片道普通運賃が4370円で往復はなんと4800円!高速バスもバンバン走りJRの特急さざなみ号は出番なしだね。

館山駅17:00〜内房線外房線回りで帰途へ。木更津駅安房鴨川駅〜御宿駅は20年ぶりくらいの乗車。ほとんど寝てましたが。千葉駅から成田駅回りですが、佐倉駅餃子の王将に寄って夕食。食べ終わって駅行ったら25分も電車の間隔空き、ヒマヒマ。このあたりでは時刻表よく見ながら食事かな。

カメラ サブ機は買い替えか!?

スキーに必ず持っていくカメラ、Canon IXY190がOff時にこんな状態に。シャッターというか電動で開閉するレンズカバーです。
f:id:tsunaga6022:20200108131127j:plain
寝ぼけたコンパクトデジカメみたいで、まだちゃんと撮れますが、レンズが汚れやすく現地でたびたびクリーニング。
f:id:tsunaga6022:20200108131305j:plain
仲間と忘年会の余興。
f:id:tsunaga6022:20200108131344j:plain
遅い列車ならバッチリ撮れます。コントラストが一眼より良い♪

買い替えか、きれいなケースに入れてまだ使うか悩むところ。このクラスのデジカメは新品で1万円ちょっとで売っており手軽。Wifiで画像をスマホに飛ばせる機能は必須。
f:id:tsunaga6022:20200108132049j:plain
いちいち出すの億劫だなあ…。

スキーにも一眼持っていきたいものですが、まだバックをしょって滑れる技能に達してなく手ぶらでやるのみ。バランス崩しそうだし、リフトでいちいちバックを前に持ってこないと。そんなわけで、ウエアのポケットに入るカメラが必須です。スマホで撮影は丸っこくて滑って雪に落とす!