KBTのブログ

茨城暮らしKBTの日常を書いてます。

戊辰戦争の史料など

平和の夏祭り会場の白河旭高校、元女子高でいまでも女子生徒が多いらしく、日曜日でも運動部の練習でキャッキャと声がしていました。私など部外者にもあいさつ、ちょっと恥ずかしくなります。高校からの帰途、トコトコ2km近く歩いてマイタウン白河へ。町中の交流センターでギャラリーや会議室などがあります。
地下1階にひっそり戊辰戦争 白河口の戦い展。
f:id:tsunaga6022:20210804092350j:plain
f:id:tsunaga6022:20210804092413j:plain
會津藩の砲弾、鉄砲の薬莢入れなど、150年前の戦いをちょっとイメージさせてくれ、いいですなあ。近藤勇土方歳三などの顔はめパネルがあります。

ただ、わずかな史料でもの足りない。脇に数百冊もの本がある棚ありますが、全く関係ない市民から寄贈のマンガや小説などで雑多に並んでいる…。徒歩4分の白河戊辰見聞館に行ってみることにしました………看板が撤去されて閉館したらしい。あらら。2017年に訪問した時は鉄砲など展示でとても見ごたえありました。その頃は大河ドラマ「八重の桜」の影響で賑わったのでしょうか。

クルマなら郊外の色々な戊辰戦争の史跡見れるのですが、またの機会にで帰ることとしました。白河駅から牛久駅まで、バス代不要の18きっぷオンリーで帰ろう!(小山駅水戸線経由)しかし、150km足らずなのに乗り換えがなんと5回もでオジサンには面倒、結局は往路と同様の経路にしました。JRバス白棚線・水郡線常磐線です。
f:id:tsunaga6022:20210804093720j:plain
あら、SL風ラッピングのバス。鉄道時代の白棚線をイメージでしょうか。
廃線跡利用のバス専用道をトコトコ走る♪磐城金山停留所は、廃線跡を転用した国道上ながら大きめの待合室があって、かつての磐城金山駅の名残が感じられます。

水郡線はガーラガラ。のんびりローカル線の旅…と思ったら、常陸大子駅水戸駅は堂々の5両編成で、さすが亜幹線の風格。白河駅磐城棚倉駅水戸駅4時間20分にわたり駅前には全く店舗みられず、白河市内で何か食料買っておけば良かったか〜意外と全く空腹にはならずでした。昼食の冷やし中華が量多かったからみたいです。常陸大子駅すぐ前のヤマザキデイリーは儲からなかったのか閉店。21時近くの水戸駅構内でパンと野菜ジュース購入、これが夕食でした。

牛久駅に着いたら、駅前でヤンキーがナンパごっこしているのを見かけました。茨城県はヤンキー多いというイメージ、さすがにコロナ渦でしばらく見かけなかったですが徐々に外でこういうの再開のようです。微笑ましく、いいんじゃないすか。多少ゴミ散らかしたり騒いでも許せる。県などでやっているお見合いパーティーより成婚率高そう。しかも大半が地元で生活し活性化につながる♪

平和の夏祭り

本日は福島県白河市に日帰り。軽くサポート会員しているアウシュヴィッツ平和博物館の「平和の夏祭り」見物のためでした。

いつもなら、茨城県牛久市からマイカーで高速一切走らなくても3時間ちょっと、燃料費900円のみで白河市に行きます。しかし、手元の青春18きっぷを早く消化したい(茨城県も、不要不急の外出禁止の宣言出るかもで)、5時間半もかかる鉄路で行くことに。
f:id:tsunaga6022:20210801222954j:plain
復旧後初めて乗る水郡線。第六久慈川橋梁が真新しい。カーブしながらのトラス橋は珍しい。
f:id:tsunaga6022:20210801223143j:plain
水戸駅を4両で出発でも、常陸大子駅郡山駅はなんと1両だけに。そこそこ混雑。磐城棚倉駅で下車して、JRバス白棚線で白河駅にショートカット。
f:id:tsunaga6022:20210801223358j:plain
白棚線は一度乗ってみたかったです。白棚線という鉄道線が戦時中に不要不急路線として休止、戦後復活することなく廃止でした。その廃線跡を走り、いわばBRTのさきがけ!(棚倉駅白河駅の1/3程度の区間)
f:id:tsunaga6022:20210801223714j:plain
いかにも鉄道廃線跡♪まあ、今では国道の方が沿線人口多くなり営業面ではそちら走った方がいいようにも…。
白河駅着。夏祭り会場の福島県立白河旭高校(旧 白河女子高校)は約2kmと微妙に距離あり、福島交通磐城石川ゆきバスにチョイノリしました。
祭り時間まで45分くらい余裕あり、高校前のあすなろ食堂で昼食。
f:id:tsunaga6022:20210801224343j:plain
高校の目の前だけあってボリュームある冷やし中華。味も良い。
f:id:tsunaga6022:20210801224505j:plain
棚に並んでいたコミック、小沢真理!と見てビックリ。アウシュヴィッツ平和博物館の館長が描いている!?よく見たら「小沢」で館長は小渕真理さんです。ちょっと読んだら女性向けの内容ですね。

いよいよ平和の夏祭り。白河旭高校に入校。顔なじみの小渕館長が「いつもありがとう!」と出迎え、立ち話しました。
f:id:tsunaga6022:20210801224844j:plain
内容は高校生による演劇で、白河旭高校・白河高校演劇部の共演による「翔べ!原子力ロボむつ」でした。原発などの核のゴミを受け入れれば必ず町が発展する、数百年後に科学が進歩してロボットのエネルギーとして有効利用できると信じた南むつ市の市長、有効利用を見届けるべく自らを冷凍の冬眠状態にする、しかし起きた900年後には…の内容。プロの劇団でも何回も上映で、難しいテーマを高校生がいかに演じるか?若者らしくきびきびして声も大きめ、なかなかでした。
f:id:tsunaga6022:20210801233522j:plain
終演直後、盛り上がってました!

この後、本来なら郡山市の安積開成高校演劇部による「ひめゆりに捧ぐ」上演ですが、コロナまんえんで、県から他の離れた地域の高校との交流禁止の指示で録画したビデオ上映でした。ビデオでは迫力に欠け残念!(以下つづく)

安積:あさか

トナリエつくばオープン

珍しく地元ネタを。茨城県つくば市の中心部、TXつくば駅前は3年ほどガラーンと空き店舗だらけでしたが、7/22にトナリエつくばがオープンしました。コスト高だった都市開発公社の所有物件をまるごとトナリエが購入、家賃安くなったことにより量販店などが怒涛のごとく入居しました。
f:id:tsunaga6022:20210731191031j:plain
食のディスカウント「ロピア」。ものすごい人気で私はさすがに入店やめました。周辺のヨークベニマルとか西友などのスーパーの客がこちらにどっと来ているようです。支払いは現金のみで面倒だと思うのですが、そんなこと以上に安い!ようです。つくば市民は研究者や公務員など高収入層が多く高額のマンションが売れているのですが、子持ち既婚者には安い食品が何より!でしょうか。なお、カートを店舗外に持ち出すには100円要、駐車場で食品積みこんだ後に近くの所定のスペースに返すと100円返却です。

f:id:tsunaga6022:20210731191632j:plain
ゲームセンターのタイトーステーション。遊ぶところ無かったのでいいね!100円で5回もPLAYのUFOキャッチャーで大収穫♪(200円でうまいぼう10本ゲット)
f:id:tsunaga6022:20210731192610j:plain
韓国食品店。ジュース購入。韓国ドラマによく出てくるボンボンジュース等。

つくば市らしく、国立研究開発法人 物質・材料研究機構のPRコーナーも。
f:id:tsunaga6022:20210731192015j:plain
あれ!?中に浮かんでいるビーカーの下半分がない!これは透過率を調整した油と水の混合液。不思議ですねえ。他にも十数種のミニ実験などが見られます。

交通の中心だけで、行ってもつまらなかったエリアだったのが一変、これから献血する時だけでなく、どんどん通いたいです。家電のケーズデンキもいい!このエリアでは家電量販店は30年ぶりです。一方でJTBとHISが完全撤退とちょっと残念な面も。(7/27・31撮影)

・TX:つくばエクスプレス

18きっぷで福島県双葉町

本日は夜勤が早めに終わり、常磐線 荒川沖駅9:03下りに乗れそう!…駅に向かい、18きっぷ片手にこの電車に乗って200km離れた福島県双葉町に日帰りすることにしました。もし乗れないと次は(いわき駅からの電車が少ない関係で)3時間も空いて、現地に16時台着で何もできません。
f:id:tsunaga6022:20210729201143j:plain
E501系トップナンバー編成、平成7年製造、もう26年目ですか。快調な走り。

2回乗り換えて、福島県双葉町の双葉駅13:12着、コミュニティバスで5分の産業交流センターへ。交流センターは、実際は東京電力ホールディングス福島復興本社が大半を占めています。福島第一原発から3kmほど離れた地。目当ては、2020年9月オープンの東日本大震災原子力災害伝承館。交流センターの隣です。伝承館見る前に、まずはレストランで腹ごしらえ。
f:id:tsunaga6022:20210729194133j:plain
浪江焼きそば♪太い麺で大ボリューム。これで並です。

伝承館の外に、かつて双葉町内でどーんと掲げられていた標語。
f:id:tsunaga6022:20210729194350j:plain
原子力 郷土の発展 豊かな未来」1988年に掲示。その当時は本当にこの通りだったのでしょう。考えた小学生を責めることはできません。その他、とても有名な「原子力 明るい未来の エネルギー」や他2つの標語があって掲示でした。今は老朽化して写真で保存されています。

傍らに津波でボコボコに潰れた双葉町の消防車です。津波、恐ろしい!
f:id:tsunaga6022:20210729194841j:plain

さて、伝承館に入館。展示や映像が豊富、改めて大地震原発災害の怖さや後始末の大変さを知りました。撮った写真をアップロード禁止で残念ながらお伝えできず。被災者の大型パネル写真には思わず涙…。語り部による50分の口演もあり、浪江町の元教師の方で分かりやすい話でした。

3時間経て帰りのバスの時刻、実は時間足りなくて全部見切れなかったです。また来たい。家屋解体工事盛んで殺風景な双葉駅前、所々アートが描かれて和む♪双葉町はいまなお定住者0、駅前などには電気ほぼ通ってません。交流センター隣には唯一のホテルができました。
f:id:tsunaga6022:20210729195616j:plain
双葉駅16:51発で帰途へ。復興を祈る!

伝承館公式HP
https://www.fipo.or.jp/lore/

18きっぷ日帰りで宮城県(2)

昨日(25日)の旅日記の続きを…。

東北歴史博物館、ホムペちらっと見て、相当に駅近で真夏に歩かなくていい!で行こうと思ったら……仙石線に乗って多賀城駅着いたら、あれ!?無い。観光案内地図見ると、徒歩25分の東北本線 国府多賀城駅すぐ前との事。あちゃー大失敗でした。炎天下の中(仙台で最高28度くらいですが)25分歩く…実際には30分かかりました。まあ、途中に多賀城跡を見ながらで、ちょっとは良かったですが。
f:id:tsunaga6022:20210726204232j:plain
科学館みたいな外観。なぜか特別展で恐竜大特集……歴史というより自然史の分野のような。まあそちらはパスし、常設展だけ見ました。
f:id:tsunaga6022:20210726204531j:plain
リアルな縄文式住宅。子供に大人気です。
f:id:tsunaga6022:20210726204513j:plain
弥生時代土偶

展示室の1/2くらいは古代に関してで、アテルイの資料や展示ないかなあ…残念ながらほぼ無しでした。これは、いずれ岩手県奥州市水沢地区に行くべきかなあ。
地元の伊達政宗公についても、ほとんど取り上げられてなく、「東北歴史博物館」を名乗る上ではそれでいいのかもですが、まあ、古代が好きな人向けの歴史博物館のようです。
f:id:tsunaga6022:20210726205547j:plain
江戸時代以降の農村のナマハゲ等の展示は充実。これは福島県田村市に伝わる「お人形さん」。

1時間半くらい見て、国府多賀城駅から仙台駅へ。
f:id:tsunaga6022:20210726205814j:plain
仙石東北ラインのハイブリッド・キハお出まし〜(塩釜駅にて、時間余って、いったん逆方向の塩釜駅へ)。独特の乗り心地です。

f:id:tsunaga6022:20210726210012j:plain
ずんだもづ♪仙台では必ず食べます。ほどよい甘さです。

予定より早い仙台駅17:30の常磐線に乗り、途中の新地駅で下車、駅前すぐの天然温泉に入っていくことにしました。
f:id:tsunaga6022:20210726210314j:plain
山下駅にて。あら、右側通行で列車交換(分かりずらい写真ですが)…どうやら震災復興で1線スルー式になったようです。

天然温泉つるしの湯、アルカリ性の温泉で肌すべすべに。疲れも取れてとっても良かった。駅前のビジネスホテルが経営で、レストランも併設、福島県最北の新地町、たぶん町内にほとんど食堂ないせいか外食したい人が集中、レストランは大繁盛でした。小さな町・村ではよくあるパターン。某ユースホステルでは、食堂を地元の消防団が貸し切りで酒飲んで宴会…という事ありました。
f:id:tsunaga6022:20210726210830j:plain
電車の時刻が迫る中、20分もかかって出てきたおろしハンバーグ定食。本格的ですねえ。うまい!食事終えたの電車来る7分前ですが駅まで徒歩1分で問題なし。列車交換なければ電車は上下共に駅舎側に入り、階段登らなくてよくて楽♪

新地駅19:33→土浦駅0:18(→マイカーで牛久市内0:45)と帰りました。青春18きっぷ1回分2410円相当+日付越えた石岡駅土浦駅の運賃330円だけ、バス代や地下鉄代全くかからずの超激安日帰り旅でした。

18きっぷ日帰りで宮城県(1)

買うかどうか迷った今夏の青春18きっぷ、結局は購入し、本日に1回目使用で日帰り宮城県の旅の道中です。
フジテレビの2分半の旅番組「国分太一のお気楽さんぽ」、先週から仙台編で古風な壱弐参横丁(いろはよこちょう)が紹介され、東京・葛飾区の立石商店街に似た独特の雰囲気を見てみたい!と日帰りでGO!最寄りの牛久駅発だと仙台駅の最終が17:07発なのに対して土浦駅発なら仙台駅18:40までOKと現地滞在時間がずいぶん伸びる★マイカーで土浦駅に行って、ここから18きっぷ旅でした。
f:id:tsunaga6022:20210725220110j:plain
少し古びてきた常磐線E501系。土浦駅からいわき駅まで乗り換えなしです。
f:id:tsunaga6022:20210725220247j:plain
このミュゼの車内広告ばっかりで、何回も見つめることに。女性用ビューティーサロン、そんなに儲かっているのでしょうか。しかし、常磐線沿線にあるの?

大野駅〜双葉駅にて福島第一原発の方を注目、相変わらずの荒涼たる風景です。坂元駅からは災害復興による新線付け替え後で初めての乗車!真新しい高架の鉄道です。土浦駅6:37発から2回乗り換えつつ、えんえん乗って仙台駅12:18着。早速に壱弐参横丁へ。道とても迷って駅から20分。
f:id:tsunaga6022:20210725221100j:plain
ここが入口。
f:id:tsunaga6022:20210725221152j:plain
おおー、昭和なアーケード。最小の店はなんと床面積3.5坪、広くても8坪…これは、レトロというか、おとなの隠れ家的です。雑貨屋は営業中ながら、飲食店は15時〜営業の店が大半で夜来たら華やかっぽい。
f:id:tsunaga6022:20210725221552j:plain
時が止まったままのような美容室。いいっすね。
f:id:tsunaga6022:20210725221745j:plain
手押しポンプで水出す体験(自由に可)面白かった。国分さんもやってました。
f:id:tsunaga6022:20210725221931j:plain
横丁の終端にあるラーメン店で青葉餃子定食♪仙台特産の雪菜入りで緑色です。うまい!

このあとは多賀城市東北歴史博物館へ。青葉通りをテクテク。
f:id:tsunaga6022:20210725222212j:plain
あおば通駅に入って仙石線多賀城駅へ……実は間違いなのでした。詳しくは次回に記述。

激辛カレー対決!

猛暑だと食欲なくなります。しかし、なぜか激辛カレーだけは2日に1回くらいは食べたくなる!
まずは昨日に地元のCoCo壱で。3辛チキンカツカレー+野菜。
f:id:tsunaga6022:20210724165402j:plain
辛さ的にはまだもの足りず、テーブル脇の激辛スパイスを振りかけて食べました。かなりコクありスパイシーで満足。ご飯(普通)300gは私にはとても多過ぎて200gと注文すれば良かった。

本日は自宅で、スーパーで買ってきたコレにチャレンジ。
f:id:tsunaga6022:20210724165733j:plain
確かに宣伝文句通りの大辛ですが、直線的にただ辛いだけでカレーという感じがしません。テーブルにあったガラムマサラを数振りしてスパイシーにしました。

レトルトカレーでコクも相当な辛さもあるモノ、ほかにあるでしょうか。

なお、一人暮らし時代はよくカレー作りましたが、実家戻ってから、調理スペースが親に占拠され作らずです。まあ作った後で、鍋を洗うのがとても大変で面倒なせいも。使い捨てアルミホイル鍋で作っている人がいるようです。それはいいかも。私は玉ねぎが溶けて無くなっているよりは、はっきり形あって食感が楽しめる玉ねぎたっぷりカレーが好き、レトルトカレーでは皆無、外食店でも少なく、ホントは自分で調理がベストでしょう。