KBTのブログ

茨城暮らしKBTの日常を書いてます。

ローカル線見直し論議

Yahoo!ニュースより
https://news.yahoo.co.jp/articles/a55076a020de749f5b099debf650a76b6b221373

中国地方のローカル線の何線かをJR西日本としては見直し(事実上、廃止したい)との事。こういった路線を黒字にするには、隣の駅までタクシーより高い3000円ぐらいにしないとならないでしょうね。

だいたい4〜5人(重さ300〜400kg)しか乗らないのに自重20〜30トン台のディーゼルカーで運行とは、効率悪すぎです。燃費悪いし軌道の保守もかかる。マイクロバスぐらいの重さ(4〜5トン)の車両を今の技術で開発できないものでしょうか。軽くても急勾配などで空転しない車両。
f:id:tsunaga6022:20210303142528j:plain
(イメージ、鹿島鉄道)

あとは、あまてらす鉄道のように風光明媚な区間だけ残し、高額な運賃取って観光客向けに走らせる方法があります。私なら木次線の二段スイッチバック、あそこだけの往復で1万円払っても乗りたいなと思います。

あまてらす鉄道公式HP
https://amaterasu-railway.jp/attraction

全ての区間を廃止して、BRTや通常のバス路線に転換などするにしても前途はものすごい厳しいでしょう。最終的にはデマンドタクシーになるかもです。他の地域から観光やビジネスで訪問する場合には利用が難しく、閉ざされた地域になってしまう課題があります。うーむ、いい方法はないものか。

大都市の鉄道ファンや旅好きがこういった閑散ローカル線に乗りに行こう!は良い事だと思いますが、こういう地方への往復でけっこうなカネかかり、結果的にカネつぎこんでいるのは高速道路会社・新幹線・国内航空など。ローカル線にも地方にもカネあまり落ちないし、よほど裕福な人以外は数年に1回乗れるのみ。どこの路線でも地元の人が一番のお客様でしょう。

日本より少し狭い面積のドイツには、いまなお約33000kmもの鉄道網がありますが、どうやって維持なんでしょう。日本は約27000kmです。

草津温泉スキー場

昨日2月28日は予定通り草津温泉スキー場(群馬県草津町)でスキー。
f:id:tsunaga6022:20210301103413j:plain
出たあ!久しぶりに見た宝くじ号のマイクロバス。協会直営ユースホステルならでは。ユースは個室ごとの暖房のファンの騒音が気になってよく眠れず。切ると極寒だし。

f:id:tsunaga6022:20210301103651j:plain
なかなかの賑わいの草津温泉スキー場。昨年は無料休憩所だったメイン建物の2階が託児所なのは少々残念。0度付近・無風と寒くないので疲れたら外のベンチで休めばよし。

今回は昨年ハマったR292コースが最大の目当て。冬季閉鎖国道292号(志賀草津道路)の一部区間がコースに。こんなコースは日本でここだけ。
f:id:tsunaga6022:20210301104028j:plain
来た来た!R292コースだけで10回も滑りました。午前中はクロスカントリー選手が練習で逆行あって飛ばせず、空いている午後に飛ばしました。Snowwayというスキーヤースノーボーダー向けアプリによる速度計測によると、最高速度40.7km/h出てた!
f:id:tsunaga6022:20210301104637j:plain
長さ3200mのロングコース、ファミリーでゆっくり滑って楽しむのもいいですね。

f:id:tsunaga6022:20210301104753j:plain
ランチはLine利用の激安パック券でチキンカレーとサラダ。家ではご飯は180g程度しか食べない中で350gくらいあり、ずいぶん量が多いカレー。具がゴロゴロで食べごたえ充分。

急斜面系は一切滑らず、ほとんどR292コースとしゃくなげコースだけ。硬い雪で急斜面でコケたら痛そう。
f:id:tsunaga6022:20210301105345j:plain
温泉街が一望♪

膝が痛くなり16時で滑走終了。まあ、前泊して8:45からなのでたっぷり滑れた!近くの西の河原露天風呂でゆっくり温泉♨️草津ならでは。
f:id:tsunaga6022:20210301105656j:plain

帰路もオール下道で200km、節約して一つでも多くのスキー場へ行きたい。自粛で2月は2回スキー行ったのみだったので3月に取り戻します。もう、どこのスキー場でも最高の雪質は無さそうですけど。会社や所属ボランティア団体であれこれ用事も増えますが。
f:id:tsunaga6022:20210301110014j:plain
帰路、群馬県伊勢崎市内の上武道路沿いにある個人経営の食堂「たか」で中華丼定食。濃厚でおいしかった!税込750円と安い。高速走らず国道・県道走行ではこういうのを見つける楽しみがあります。
ちなみに近くに東武伊勢崎線剛志駅。読みは「ごうし」です。一見、たかし・つよし等に読みそう。

草津温泉へ移動

茨城県は2/23に県独自の緊急事態宣言が解除、私は自粛していた宿泊を伴うスキー旅行を解除することにしました。本日、茨城県牛久市群馬県草津町200kmを高速を一切使わずマイカー激安移動!移動にかかる経費は燃料費1200円ぐらいのみ。夜勤後で午後から出発で、草津温泉に着いたらスキーなどやらず寝るだけです。それでも明日は朝からたっぷり滑れて日帰りより圧倒的に楽しい。

f:id:tsunaga6022:20210227182602j:plain
自宅から2時間10分の熊谷市妻沼で14時台の遅い昼食。地元には無い「ほっともっと」での温かい弁当が楽しみで群馬方面のクルマ旅では必ず妻沼を経由、のり弁当ゲット〜近くの妻沼公民館でキハ2000見ながら食べました。動いても不思議でないくらい相変わらず良い状態です。

f:id:tsunaga6022:20210227183057j:plain
埼玉県の利根川沿い、とてもローカルですなあ。
f:id:tsunaga6022:20210227183156j:plain
上武道路をずんずん走って渋川市内から国道353・145号を走行。道の駅がいくつかありますが鉄道の駅で休憩が好き。吾妻線郷原駅無人で落ち着いてます。画面にはありませんが後方は岩櫃山。かつては武田三堅城の一つ、岩櫃城があって戦国時代好きには萌え。

予想よりかなり早く、17:45に草津温泉へ。妻沼で50分も食事休憩しても。自宅から5時間半。今夜の宿は草津高原ユースホステル
f:id:tsunaga6022:20210227183808j:plain
f:id:tsunaga6022:20210227183930j:plain
今や数少ないJYH直営で内外ともきれい。なんと珍しく部屋に洗面台が!ガラガラで相部屋はなく一人でゴロゴロ〜。疲れて湯畑も西の河原露天風呂も行く気なし。

・JYH: 日本ユースホステル協会

東洋大学、板倉キャンパス撤退

自宅から1時間20分ぐらい、鉄道撮影などに好都合でよく行く群馬県板倉町にある東洋大学板倉キャンパスが2024年に閉鎖予定だそうです。板倉町の主な著名スポットということで、寂しい感じがします。すでに文系学部は数年前に東京都内に移転で、理系の生命科学部などと理系の大学院が残るのみ。
f:id:tsunaga6022:20210225201134j:plain
キャンパス近くにある唯一の定食「一休」のかつ丼。大学撤退後のお店はどうなるか心配。

学生・院生にとっては生活の糧となるアルバイト先が僅かで、不評なんでしょうね。先日の東武日光線の電車の撮影で、駅前スーパーで買い物したら同大学の学生さんが多数働いていましたが、これは貴重なバイト先で奪い合いでしょう。季節的には農家の手伝いのバイトあるかもですが、だいたい昼の一日仕事で3〜4時間だけでは中途半端。
キャンパス設置のために1997年に新たに開設された板倉東洋大学前駅、さすがに閉鎖はなさそう。駅からタクシーで10分程度の場所にゴルフ場あり、朝7時台に特急リバティ会津・けごん号が停車する理由になってます。大学教授や学生のためではありません。少しは大学関係者の利用あるかもですが。群馬県が開発を進めてきた板倉ニュータウンに住む人のための駅でもあるし。
f:id:tsunaga6022:20210225200716j:plain
懐かしの赤い臨時快速、この駅で12分停車でした。2016年5月4日。

板倉町群馬県は大学に多額の助成してきてお怒りでしょう。撤退後は跡地はどうなることやら。学生向けアパートなども。
f:id:tsunaga6022:20210225201211j:plain
隣の柳生駅の方が近いながら、三県境があったり、自然の宝庫の渡良瀬遊水地などドライブすると楽しいエリア。




会津高原たかつえスキー場

昨日21日は日帰りで福島県南会津町会津高原たかつえスキー場でスキー。私鉄で珍しい夜行列車「スノーパル2355」(東武野岩鉄道)の目的地の一つがこのスキー場なんですが、早朝発なら日帰りでも行けるスキー場です。(スノーパルは2021/3/6まで運休中)

私は最寄り駅の牛久駅発だと超大回りになるので東武日光線南栗橋駅までマイカー60分、同駅7:02発の急行〜下今市駅〜リバティ会津101号〜会津高原尾瀬口駅〜バスという旅程で。路線バスの便がとても少なく、公共交通で日帰りの場合、各地から乗車〜リバティ会津101号で行くのが唯一のパターンとなります。(スキー場の滞在時間短くていい場合、1〜2時間後でも可)
f:id:tsunaga6022:20210222115612j:plain
なかなかキビキビした走りの6050型急行。
f:id:tsunaga6022:20210222115756j:plain
下今市駅から各駅停車のリバティ会津男鹿高原駅だけ通過。下今市駅から特急料金不要で乗れます。会津高原尾瀬口駅に朽ちかけているSL用の転車台が…。野岩鉄道は新しい鉄道なのになぜ?…よく考えたら以前は国鉄会津線会津滝ノ原駅ですものね。

さて、10時半ごろから滑走開始。昨シーズンは23万人来場のビックゲレンデで、コースがたくさんあってどこ滑るか迷う。
f:id:tsunaga6022:20210222120320j:plain
まあ、まずは第1リフトでファミリーコースを。
f:id:tsunaga6022:20210222120418j:plain
トップはけっこう眺めいい。平均8度しかないファミリーコースで途中で止まりそう。
f:id:tsunaga6022:20210222120617j:plain
最も混雑の第3リフト。ここに沿ったロマンスコースが一番人気のようでした。確かに平均18度と適度な斜度と1800mの滑走で滑りがいある!
f:id:tsunaga6022:20210222121105j:plain

たかつえスキー場、湿雪がメインですが、パウダースノーやアイスバーンもあったりで色々な雪質楽しめる♪
f:id:tsunaga6022:20210222121037j:plain
ランチはチャーシュー炒飯とミックスサラダ。サラダが2人前ありそうな大ボリュームで野菜たっぷり食べれました。(株)ダレモの割引クーポンでリフト1日券+ランチ券で通常より900円引き♪スキーセンターの名称が「スペーシア」…東武グループなんでしょうね。
f:id:tsunaga6022:20210222121734j:plain
スキーセンター・レストランから約200m先のリフト乗り場までの動く歩道。かなりの登り坂でスキー・スノボかついで歩けば大変、ありがたい設備です。

午後も中級用の様々なコースを滑りまくり、スキー場16:12発のバスで帰路へ。南栗橋駅19:49着で無理のない日帰りスキーだと思います。

1980年8月号の時刻表より

部屋のお宝の一つ、昔の大型時刻表で1980年8月号を久しぶりにめくってみることに。通っていた中学校で、いらなくなったのをもらった記憶があります。
f:id:tsunaga6022:20210220211620j:plain
東海道・山陽新幹線、ひかり号全列車に食堂車連結(臨時便をのぞく)、今となっては遠い昔の記憶のように思います。具体的にどんなメニューがあったのかも時刻表に一部が掲載。
f:id:tsunaga6022:20210220212043j:plain
帝国ホテルで海老と魚のフライ定食1600円、都ホテルでサーロインステーキコース3500円などなど、高速列車の中でホテルの料理を食べられてうらやましい!この当時の大卒初任給が約115,000円ほどでしたので、なかなかの高額でしょうが。

コロナ渦の中で、東海道新幹線や在来線がガラ空きで社員の一時帰休まで実施しているJR東海、よっぽどインバウンドが戻らないかぎり、この状況は続きそう。それなら、JR東日本のワードを借用ながら「のってたのしい列車」の一環で東海道新幹線で1日片道3〜4本ぐらい食堂車復活はどうだろうと空想で、昔の時刻表を参考にしたのです。グリーン3両も連結で、もはや1両を外して食堂車連結にしてもいいような。東京駅〜新大阪駅2時間半〜ひかり号の2時間45分くらいでは利用客2〜3回転がせいぜい、ノーマルなカレーライスに2000円以上取ってもいいと思います。(スイス並み!)
絶対に鉄道ファンが飛びつきそう♪人が群がっていれば一般の乗客も興味を示すと思います。

まあ、現在の新幹線車両は車体断面が小さめになって、現実には食堂車は難しいでしょう。気密性の関係で本格的調理の排気を出せず、レンチンか湯煎ぐらいが関の山、しかし技術の進歩で最近の冷凍orレトルト料理はプロ並みの味で問題ないでしょう。
コロナ渦が収束したらビールサーバーでも積みたいもの。アホみたいな夢ですが…。世界的にはTGVやICE、ユーロスターなどには食堂車かブッフェ連結です。

かくいう私ですが、食堂車で食事したのは2001年のアメリカ旅行でポートランドサクラメント間を利用した夜行列車「カリフォルニア・ゼファー」でステーキ食べて以降はゼロ!うーむ…。あと、1985年に大学1年の夏のアルバイトで日本食堂のスタッフとしてブッフェ及び車販のクルー経験あります。この一夏限りで、2〜4年生は聖マリアンナ医科大学付属病院で安定した事務員やってました。病院の食堂は極度の薄味、若者にはウルトラ不味かったです。

出張は無駄でしょうか?

本日のyahoo!ニュースより
https://news.yahoo.co.jp/articles/d07a6273db5e90b3040196259d7abc8ea64ade3d

コロナ渦で仕方ないでしょうね。長期の一時帰休でモチベーションが低下しないことを願います。また、今後はオンライン会議・営業が主流になり、コロナ終息しても以前のような需要に回復しないという見方もけっこう多いです。私もそうだろうな〜と思ってます。
f:id:tsunaga6022:20210216193618j:plain
(画像はイメージ)
東京や大阪に本社があり、地方の支社や営業所・工場に本社の社員がなんらかのアドバイスや監査に行ったり、社長がハッパかけに行ったりする出張はオンラインが浸透した時代に、あまり意味なくなる?会社ごとに様々な社風があり一概に言えないかもですが、直接行くのは意味ある場合も多いのでは、と私は思います。オンラインよりはるかに絆が深まるでしょう。私はかつて従業員1万人の大きめの会社の社員だった時、めったに社長や遠方の社員に会えませんでしたが、地方の支社に来社の時は、とてもいい時を過ごせたものです。
f:id:tsunaga6022:20210216194354j:plain
(またイメージ)

多額の交通費や宿泊費をかけ、さらにアフター5に飲みに行って、お土産買って戻る…大いなる無駄といえばそうなんですが、「無駄」によって仕事を得ている人々も相当な数です。そして、金銭や時間の無駄があるけど、マインド面では相当いい面があると思います。今後はアフター5は減少となるでしょうが、出張はいいんじゃないかなあ。東海道新幹線などを動かしている鉄道員の皆様、胸を張って仕事して欲しいと思います。
企業と企業で何億円・何百億円〜とかの取引に関わる営業も、オンラインではまだまだ厳しいでしょう。オンラインなんかでは興味示さなくても、直接営業に行けば取引につながる確率アップでしょう。

さて、実際には今後どのくらい鉄道の需要が回復することか。出張のほか修学旅行・団体旅行や個人旅行・学会・帰省・通院など様々な目的で利用されている東海道新幹線。見守りたい。東北新幹線など全国のJR新幹線・在来線や私鉄線も。

私は本日20時から45分間ほどボランティア団体のオンライン会議でした。この程度の会議は、わざわざ直に集まるよりオンラインがいいですね。私以外は女性ばかりの参加者で、直に会うのは気を使いそうだし。