KBTのブログ

茨城暮らしKBTの日常を書いてます。

津山市・岡山市にて

岡山県香川県の旅2日目の昨日(14日)は高徳線キハ40系乗車・津山まなびの鉄道館・映画ロケ地めぐりと忙しく色々回りました。

まずは前日夜に乗れなかった四国のキハ40系、なんとか乗ろうと高徳線オレンジタウン駅へお迎え。
f:id:tsunaga6022:20191015122558j:plain
8:09分にキター♪土休日は1日1往復しかない高徳線高松駅ゆき・発。(平日はプラス1往復)原形エンジンのサウンドを堪能!さすがにかなり旧形という感じ。四国のキハ40系(キハ40・47)は徳島運転所に22両残るのみ。大半が徳島県内を走ります。キハ47は車内が国鉄時代ほぼそのままで好ましい。シートモケットは暖色系に。

高松駅から2時間半、岡山駅経由で一気に津山駅へ。映画「8年越しの花嫁 奇跡の実話」を改めてフル鑑賞、ちょうどいい時間でした。
f:id:tsunaga6022:20191015123258j:plain

ずっと行きたかった津山まなびの鉄道館へ。DE50 1が転車台に! 鉄道の日の大サービスでしょうか。ほかにもDF50やキハ181系など貴重な車両が状態よく展示、素晴らしい!
f:id:tsunaga6022:20191015123527j:plain
2時間たっぷりはまりました。ジオラマコーナーで転車台が動くのにびっくり。実物同様に車両の入出庫もできます。

こんどは岡山市内へ。津山駅岡山駅が1時間半とけっこうな時間かかるのが難点。16時すぎに着いてようやく今回の旅のメイン、「8年越しの花嫁」のロケ地めぐり岡山市内編。
f:id:tsunaga6022:20191015123927j:plain
まずはここ、東山公園。麻衣さんが車イスで自力で尚志さんのアパートに行こうとするが大雨で雨宿りのシーン。大きな木の下で雨宿り、間違いない!岡電の東山電停が見える構図も同様。
f:id:tsunaga6022:20191015124229j:plain
小橋付近。映画どおりにMOMOの通過を収めてみました。けっこう絵になる〜。

f:id:tsunaga6022:20191015124356j:plain
西大寺商店街。映画では望遠系レンズで背景のボケを出し、主人公らとの対比がいい。映画のシーンをブルーレイ再生して見ながら位置や構図確認。

映画鑑賞中はストーリーに泣けましたが、ロケ地めぐりでは、なにげない日常風景を映画のワンシーンにする監督の手腕に感激、別の見方で楽しめます。自分が映画撮るなら役者の配置やカメラワークはこうするか?(ありえないですが)という空想も。

数ヶ所じっくり巡って3時間経過、いよいよ最後のつるや食堂へ。岡山駅至近です。
f:id:tsunaga6022:20191015125022j:plain
あら、閉店している。映画にも出たのに、儲からなかったか後継者いなかった?残念。歩き回って大空腹でイオン岡山駅前に行き食事しました。

f:id:tsunaga6022:20191015125249j:plain
岡電の独特なパンタグラフ、日本でここだけのやぐらにあるオモリの重力でパンタを上げる方式。変わってます。

あとはラストシーンのあの結婚式場を外観だけでも見たいなでしたが、これは広島県福山市でちょっと遠い。独身で縁のない結婚式場、外から見るくらいならいいでしょですが電車で片道50分。旅館の主に21時台に帰ると言ってありあきらめ。

岡山市には親友である中学の同級生が住んでおり岡山理科大学のエライ先生やってますが、連絡したりするとロケ地めぐりの時間なくなり今回は会わずでした。岡理大にはユニークな恐竜学博物館があり、いずれ行ってみたい。恐竜の博物館ではなく恐竜の研究方法を学べる博物館。恐竜学科という学科があり、就職先が限定されそうですが夢はあると思います。

岡電:岡山電軌(路面電車)。